何も知らない

この記事を読むときはお気を付けください。

 

少し、いやな自分の経験談をお話します。

内容が内容なだけに少し刺激が強いです。

もし、そうゆうものがいやな方は閲覧をご控えください。

 

 

あなたの周囲に、よく、簡単に、

「うざい」だとか「しね」だとか言う人いませんか?

私の周りにはたくさんいます。

自分もつい、無意識のうちに言ってしまっていたこともあります。

そんな中で、自分は学生のころに、ある先生と出会ったんですね

仮にMさんと呼ぶことにしましょう。

あるときに、その「しね」などのワードを簡単に言える人と

Mさんが話している会話を聞いていたんです。

その人が話す内容を下に書いてみます。

 

 

よく簡単にそうゆう言葉が言えるな。

何で言うんだ?

「うざいから、口癖だし。」

自分が言われたら嫌じゃないのか?

嫌なことは人にやるものじゃないぞ。

「知らねえよ、べつに嫌じゃねえし。」

じゃあ、しねっていわれて、本当に自殺したらお前は責任をとれるのか?

「ああ、取れるよ、うっせえな」

知ってるか?

暴言はな、言われた人だけじゃなくて

それを聞いてた人の気分も悪くなるんだよ。

お前、その嫌な気分になった人分の責任も取れんのか?

自殺した人にどうやって責任取るんだよ、

聞いてた人にどうやって責任果たすんだよ。

言ってみろ。

「は?w 責任? しるかよ。」

 

 

まあ、そんな会話があったんですよ。

それで、自分は気になったんです、

本当に聞いてた人は嫌な気分になるのか。

 

結果から言うと、それは本当だったんです。

ネットなどで、「暴言 集中力低下」などで検索してみると

大量にサイトが出てきます。

抜粋しますと、

 

直接暴言を吐かれた人は、処理能力が61%、創造性が58%下がる。

自分に対してではないが、自分の所属しているグループに対して暴言を吐かれた人は、処理能力が33%、創造性が39%下がる。

他人が暴言を吐かれるのを目撃しただけの人でも、処理能力が25%、創造性が45%下がる。

 

学生の頃の自分はそれを初めて知って、

本当に深く考えたんです。

自分の一時的な感情を発言することによって

こんなにも大きな影響を与えてしまうと。

中学校までは義務教育なわけですから、

それによって学力が低下することもあり得るわけです。

そうなると、責任を取ることはどうやって、絶対叶いません。

 

結局、自分にすべての責任が帰ってくるわけです。

暴言、たったこれだけのこと、と思うかもしれませんね。

でも、ここで思い出してほしいのは、この暴言やいじめによって

たくさんの人が自殺に追い込まれているということを。

 

自分も、このようなことが原因かはわかりませんが、

同じクラスの男の子が別室登校生になったのです。

別室登校

別室登校を簡単に説明すると、クラスにいなくても出席扱いになる制度です。

別室登校になってしまったその子とは、会うことがなくなりました。

 

暴言言うことは、たった一言で多くの人を傷つけ、

酷い場合は自殺に追い込むこともあるとても許せないことです。

 

そして、言葉に気を付けることは、いいこととして自分に必ず帰ってきます。

でも、気を付けようとしても口癖になってしまっていて

抑えられない場合もあります。

でも、続けて気を付けていくこと、

それが一番の解決方なのではないでしょうか。

この文章が多くの人の心に響き、

伝わりますよう。

祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください